募金目標

共同募金の目標額と使いみち

赤い羽根をシンボルとした共同募金運動が、10月1日から全国一斉に実施されます。
昭和22年にスタートした共同募金運動は、今年が73回目となります。当初の戦災による福祉施設等を中心とした支援から、社会の変化に伴い今日では、子育て・障害者の社会参加・ひとり暮らし高齢者・生活困窮者への支援等が必要とされています。
これらの課題を解決する地域の福祉活動を支援するため、今年度茨城県共同募金会では、549,059,000円を募金の目標額として募金活動を実施します。

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

なぜ、目標額があるの?

共同募金は、助成の計画を立ててから募金を集めるしくみです。
共同募金運動は、事前に県内の民間社会福祉施設や社会福祉団体等から、活動のための資金ニーズを取りまとめ、使いみちの計画を立ててから募金を行っており、その計画額を「目標額」として定めています。このことは、社会福祉法という法律で定められています。

 

令和2年度募金目標額

募金の種類目標額
一般募金(赤い羽根募金)    371,902,000円
歳末たすけあい募金165,405,000円
NHK歳末たすけあい9,752,000円
テーマ型募金2,000,000円
合 計549,059,000円

 

 

使いみち(助成計画)

区 分助成額
高齢者支援のために       159,867,852円
障がい者支援のために43,432,610円
子育て支援など子どもたちのために50,108,343円
生活課題を抱える人のために39,561,500円
まちづくりの支援のために184,088,695円
災害時の支援活動のための積立金に16,000,000円
募金活動の経費や管理費に56,000,000円
合 計549,059,000円

 

※詳細は9月30日付茨城県報(号外第75号)をご覧ください。